« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

天の声・某蕎麦屋さんにて。

今日のネタは、仏角笛を練習した記録というわけでもなく、といって蕎麦を食べた感想というわけでもありません。

7/29に蕎麦屋さんへ行った時の事。そこの店には小さな色紙に格言のようなものが書かれています。私が席に座るなりその色紙が目に入りました。字体はゴシックや明朝ではなく草書体に近いものです。

 ”はずすことを ずかしいと思わないことは、恥ずかしいことだ。”

そんなことはわかっとるわい。そやから練習しとんのじゃ。それでも、うまいこといかんから、困ってるんじゃと思いましたが、蕎麦食べに来て、なんでこんな天の声みたいなこと言われるのか?と思いもう一度見直すと

”はずかしいことを  はずかしいと思わないことは、恥ずかしいことだ”

そりゃごもっともです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7/28

今日の一言(天の声)by指揮者(大江山の鬼)

今日の一言は多すぎて書ききれません。何はともあれ、合奏した瞬間、個人練習でできていることが全くできなくなるという病にかかっています。まあ、原因はpの指示があるから、抑えようとして息が十分吹き込めてない。だから音はぶれるわ、、普段簡単に出る音が狂ってパニックになるわと・・もう最悪の事態が発生するわけでして。

来週は、すべて倍のテンポを刻んで、すべて8分音符で吹く練習してみるかな。それができたら、Pへ向って徐々に音量を絞る練習もしなければ。。指摘された部分を直す方法は少しはわかるので、いろいろやってみるしかありませんな。。

この病を治す特効薬は・・大江山の鬼よりも怖い好色閻魔のところで修行するか。。でもそんなことしたら余計悪化するかも。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

7/26.27

7/26はお休み。7/27はダブルヘッダ―ということで、午後0時40頃から湖北の小さな公園の屋根の下。やはり湖北は涼しかった。。

次は午後5時から1時間半、湖岸沿いで吹いてました。前半はアルメの8分の五の練習・・後半部分が時間切れ・・テンボ80ぐらいならバイテンポで何とか数えられるもののの、100以上になると、バラバラ・・途中でわからなくなって。。ばてました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鮎の晩年

鮎は1年しか生きないので、晩年という表現は適切ではないのですが、晩時間というのも不自然なので。。

先日食べた鮎の塩焼きのお話です。水槽に入っている鮎が網ですくわれ、串をさされて塩振りかけられて、火で焼かれるという写真です。712_041712_042712_043Dscn3431

   

水槽     串刺し   串刺し後  焼き上がり

魚には痛感神経というのがないbyチョボのマスタ― らしいのですが、痛感神経に対する快感神経というのはあるんでしょうかねぇ。。身悶えする魚というのも、見てみたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7/24・温度との戦い。

今日は5時ごろから練習開始、。しかし、暑かった。一時間ほど音だししたらバテた。後半は昨日の復習と、アルメの8分の5の中盤の練習。これからは練習は午後6時以降にしないと、、スライダ―管とロ-タリ-調整管をかなり抜くハメに。。音は出ても、それをpにするのは、一段と難しい。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7/23

午後6時頃から練習開始。とりあえず音だしして5拍子の練習。アルメの8分の5拍子の部分の前半を、、最初はゆっくりとしたテンポから開始。徐々に速く。昨日の練習でハンツ遠藤氏に指摘された部分を中心に。。なんとかできるまで1時間半かかってしまった。明日は中盤の部分を練習せねば。

暗くなって譜面が見えなくなったので、暗譜しているカンタベリ-をメトロノ-ムを使用しつつ、ゆったりとしたテンポで。。何回吹いても難しい・・簡単な部分ほど、難しい。

昨日の方程式は正解。特に音をイメ-ジして吹いた場合とそうでない場合は・・発音・音質など格段に異なります。問題は、、いつもいつもそれができるかどうか・・です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日の一言(天の声)

8分の5拍子は、正確に無理なくさりげなく入ってください。そうしないと他のパ-トが崩れます。by 指揮者(ハンツ遠藤)

最近少しわかってきた ミスするときの方程式。

① 曲の中で入るタイミングが曖昧で、自信なく吹くと、音をはずす。

② 音の強弱を唇で調整してしまうと、音程が必ず狂う。

③ 音を吹く前に吹こうとする音を感じないと必ずはずれる。

④ 合奏中、譜面にかじりつくと、音が飛ばない。リズムが狂う。

⑤ リズム・強弱・音色・音程のどれかに気をとられすぎると、他のものが乱れる。

⑥ ミスを怖がって恐る恐る吹くと、上記①~⑤がすべて重なって出   現する。

対処方法は・・また、考えよう。息を一杯吸ってリラックスしてというのが基本でしょう。ロングト-ンと音階をやらないといけませんな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7/21本日の一言(天の声)

リズム感が悪いというよりも、リズム感がありません by指揮者(大江山の鬼)

やはり迷って吹くとガタガタになりますねぇ。。やはり楽器は吹き込むのが大切(まあ、当たり前ですが)

合奏中に胃がいたくなりました。どッかの薬メ-カ-作ってくれませんかね。吹く前に飲む胃腸薬。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7/18.19

7/18はさざなみ街道沿いの琵琶湖側の公園で練習しようとしたのですが、公園内でキャッチボ-ルしている方がいましたので、その公園の奥の、森のようになった場所で丁度ベンチもあったので、そこで練習・・約1時間半・・ロングト-ン・タンギングなど。。

練習中に近くの木の枝を見ると、枝の間に蜘蛛が巣を作ってました。そこで、、蜘蛛の巣の糸の上を動き回っている蜘蛛がいましたので、、、以前の虫に続き、蜘蛛に仏角笛の音をffで、ベルアップで思い切り近づけて吹いたら、、動きが止まってしまいました。息吹きかけても反応なし。。。。気絶したようです。蜘蛛にも耳があるんですかねぇぇ。

7/19・・ドレ  という状態でした。

        ミ                                                                                                          

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7/15の晩御飯

いつもの居酒屋チョボさんにて、、今回は初物のさんまです。刺身にしても食べられるものを焼いてもらいました。

  秋刀魚を分割した姿です。脂がたっぷり。私の大好きな内臓もしっかりしていて、苦味もばっちりでした。

Dscn3384

Dscn3385

Dscn3383 この秋刀魚は、数分後には こんDscn3386_1

な姿になりました。  →

                                                          

もう一つひとつ甘鯛の焼き物も頂きました。Dscn3388_1

Dscn3387

← 焼く前です。                      焼き上がり→             

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7/17・湖南市の山の中

 7/17は湖南市の山の中で午後5時から約40分。途中で雨が降ってきたので、中止しました。

7/16日に三田市郷の音ホ-ルまで演奏会(ベルリンフィル12人の金管奏者たち)を聞きに行ってきました。演奏はとてもよかったのは当たり前ですが、演奏会後に各楽器の公開レクチャ-が行われました。公開といっても実際に一般が見られるのは、TBとTPでしたが・・私はTBの講師・首席奏者のゲルハルト・ゲスリングさんの音が以前から好きでしたので、それを聴きにいったのです。

中学生・高校生相手に教えてましたが、、ゲスリング氏の音はとても透明感があり、太い。トロンボ-ンの場合、大きな音は出せても品格のある音を出せる人は少ないのですが、ゲスリングさんの音は品格もありました。(まあ、当たり前ですが)。ベルから太い円柱のような音が出てきて、それを自由に操る(太くしたり細くしたり弱くしたり等々)。

そのゲスリングさんのコメントです。

 楽器はどれだけ長時間練習したということが大切なのではなく、毎日吹くことがまず重要です。

ロングト-ンをして、息を一杯からだの中に入れるなど基本的な事をおっしゃってました。しかしゲスリング氏ぐらいの方でもやはりロングト-ンはしているそうで、低音から高音まで、一つの音をpからffに膨らまし、またpに戻るという練習をしています。との事。やはりロングト-ンは大事なんですねぇ。。

そのクレッシェンドの練習ををほんの少しやってみたのですが、、フラフラになりました。

また、少しだけTPのレクチャ-も聴いたのですが、講師いわく、楽器の音は近くで鳴らすのではなく、遠くまで飛ばしてに吹く。フレ-ズは人が話をする時のように、演奏するなど、、考えてみれば以前、よく指揮者にこんなこと言われたよなぁ。。いつも無意識に気をつけてたのに、いつの間にやらできなくなってたなぁ。。と

また練習せねば。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

不思議な蕎麦

今回は水口町で見つけた玄鹿というお蕎麦屋さんです。とりあえず入り口・メニュ-・室内の雰囲気などをご覧ください。

  Dscn3381Dscn3380Dscn3373                         Dscn3372Dscn3382

 

 場所は国道一号線を水口から土山へ向って走ると、右側に手打ち蕎麦という旗が見えます。見えてすぐのところを右折して斜めに進行、突き当りを右へ曲がると見えます。営業は土・日・祝日のみ。仕事で土山方面へ行く用があったので、この機会に訪問することにしました。

室内は田舎の親戚の家に来たような、くつろげる空間です。大将の気遣いもたいしたものです。さて、蕎麦ですが、メニュ―は、、 写真をご覧ください。この中から私は田舎のもり蕎麦を注文。まず最初に蕎麦のあげたものと水蕎麦が出てきました

Dscn3368

Dscn3373_1

Dscn3369

Dscn3370

 

次は田舎のもり蕎麦です。これが大変不思議でして。。と言っても麺が空を飛んだり、お兄さんいい子いるよと言ったり、音程悪いとかリズムに気をつけて などとコメントする訳ではありません。

食べてみるとそれほど特徴を感じないのです。でも、不味いわけでもない。蕎麦の味や香が特別強くない、、いつものように麺にわさびをまぶして食べると、蕎麦の味とわさびがケンカせず、まず蕎麦の味を感じた後、わさびの鮮烈な味が舌に残ります。ダシをつけて食べると何の抵抗もなくのどを通るというか、下の上でとろけるような感じです。いつの間にやら、気がつくと完食してしまっている、不思議な蕎麦です。

メロディは普通なのに、アンサンブルをするととてもきれいに感じる音楽・・そんな感じです。興味をもたれた方は一度食してみてください。☆☆☆☆

Dscn3377

Dscn3374Dscn3375Dscn3376

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鶴亀庵

最近彦根城の近くにできた蕎麦屋さんです。店舗は大型バスでも乗り入れ可能な駐車場と、大きな店内。表には、献上伊吹蕎麦という看板が。

712_015712_022712_017712_018

   

午後3時過ぎの訪問。係の方が席まで案内してくれて、お客さん御指名は、、じゃなかったご注文は?と聞いてくれます。韃靼蕎麦茶も出してくれます。それから蕎麦を揚げたものに、塩辛い砂糖? 甘い塩? 塩と砂糖が混ざったもの?どれかわかりませんがそれをかけたものがお茶うけとしてでてきます。

メニュ-見ながら、迷った挙句 おろし蕎麦注文。しばらくして出てきました。712_020 712_021 ②・⑧蕎麦だそうです。大根がピリッとしていて、蕎麦の味とミックスされておいしかったが、、なんかパンチがない。。というか、ここでしか食べられない蕎麦という感じは、あまりしませんでした。次はザル食べてみましょう。。 ☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

口直し

先日このブログでも書いたのですが、敦賀の老舗蕎麦屋でえらい目に会いましたので、口直しに信楽の夢創庵さんへ行ってきました。注文したのは細打ちの蕎麦大盛り1100円。写真撮影したのですがミスで消えてしまいました。そばの香がやや薄かったような気がしました。蕎麦は日によって味が変化するものなのかもしれませんね。でも十分おいしかったです。

写真出てきたのでアップします。(7/12)712_002

おまけ・・これは日によって味が変化することはない、味も値段も安定した蕎麦です。03_11803_119

| | コメント (0) | トラックバック (0)

他人オムレツ

先日も行きつけの居酒屋チョボさんにて、、常連が頼んでいた明太子オムレツがおいしそうだったので、写真を撮らせてもらいました。

オムレツomeletteまたはomelet)とは、代表的な卵料理で、鶏卵を溶いて、胡椒などで味付けをし、フライパンバターをひいて手早く焼いたもの。卵焼きと違い、多くは木の葉型で丸く盛り上がった形をしている。食材も作り方も非常に単純であるため、世界中どこの国でも一般に作られている03_114_1。       03_115_2        03_117    03_116

 

 鶏卵の上に明太子・・つまり魚の卵が乗っているわけですから、他人オムレツ、、いやいや、ひょっとしたら遠い祖先が同じだったかもしれない同士のオムレツです。その横は剣先烏賊の刺身です。もっちりして美味です。

 烏賊といえば、、醍醐のアルプラザの一角で姓名判断をしていました。別に診てもらったけではないのですが、子供の名前の人気ランク・・女の子の名前で麻衣香という名前がありました。すし屋言ったら大変だろうなぁ。。マイカの刺身とか、マイカの握りとか、今日のマイカはうまいとか言われるんだから。。

        

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日の一言(天の声)

四分音符を吹くときは、8分もしくは16分音符を感じてくた゜さい。by指揮者(大江山は鬼)

できるだけそうしようとは思うものの、途中で8分音符がでてきて余計わけわからなくなったり、違うことに気をとられて、数えられなくなったりとか、するわけで。。メトロさんとお友達になるしかないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7/5.6

7/5は夜9時半から仕事があったので、その前に6時過ぎから2時間、

7/6は12時過ぎから1時間半。

練習していて思うこと、、練習始めた頃と較べて進歩してるのかな?というのをつくづく・・なんか音は出ているような気はするが、、タンギングの音はちゃんと切れているのか・・本人は切れているつもりでも、他から聞くと、切れに悪い包丁で切ったネギみたいに、下だけ繋がっているように聞こえているのでは・・とか。音と音のつなぎ目が中途半端で、スム-ズに出ていないとか、リズムは・・自分の吹きやすいリズムに自然になっていないかとか。。

仏角笛練習日記というのはやめて、仏角笛求道日記にでもしよかいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無理がある。

楽器というのは毎日練習できるのが理想であるが、なかなかそうはいかない。できるだけ中3日以上空けないで吹くようにはしていたのですが、先週末から、雨天や仕事などが重なり、でもって楽団の練習に参加はしたものの、参加時間が遅かったため殆ど音が出せず。。本日久しぶりに吹くと、、なんか音の出かたが自然ではなく、無理やり音を出しているような不自然さが感じられました。長いストロ-に息を吹き込んだ時、ストロ-の途中に何かが詰まっていて、それを息吹き込んで外へ押し出しているような感じ・・・

当然 バテも早い。。今後はできるだけ中3日以上空けないで、吹くようにしよう。(但し、冬場は除く。) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »