« 福井弥平商店 荻の露吟醸純米 | トップページ | 今年最後の練習 »

山路酒造・北国街道

滋賀県の端っこ、湖北の木ノ本町にある山路酒造さんです。場所は以前紹介した富田酒造さんの近く・・富田酒造さんへは、JRの踏み切りを越えて突き当たりを右ですが、山路酒造さんは左へ曲がります。旧街道へ入ると、、右側に見えます。1213_001 1213_002

店に入ると年配の女将さんが出てきて、カウンタ-においてあったのは濁り酒と仕込んだばかりの新酒、それから純米吟醸しほりたて。 純米酒ともうひとつ上のクラスの純米吟醸。新酒と濁り酒はアル添酒だから却下、残った3種類のうち、クラスが上の純米吟醸は値段が想定外のため外れて、、最終的に冷やで飲むとうまい、要冷蔵と書かれている純米吟醸の北国街道というお酒に。。女将さん曰く、、熟成されていない若々しい味がお好きなら、この純米吟醸がお勧めらしい。私は最近はお酒を飲む際の温度を気にするので、、なにも気にせず冷やで飲めるほうが楽というのが、この酒を買った理由のひとつです。1216_011 1216_013 1216_012 1216_016

2日間ほど冷蔵庫で冷やして、、頂きました。味は・・一言で言うと 濃い です。キリッと漂う酒の香り、と 舌に乗せるとジ-ンというかド-ンとくる重厚な旨みを感じました。栓を開けて翌日飲むと、慣れてしまったのか重厚さは残るものの。大変飲みやすいお酒になっていました。

冷やで濃いのが飲みたいという方にはお勧めです。私も気に入りました。

☆☆☆★

|

« 福井弥平商店 荻の露吟醸純米 | トップページ | 今年最後の練習 »

近江の蔵元探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山路酒造・北国街道:

« 福井弥平商店 荻の露吟醸純米 | トップページ | 今年最後の練習 »