« 今年最後の練習 | トップページ | 旧年が暮れて、新年です。 »

超特別篇・○ずみの(倉敷)

 今回は岡山の倉敷・○○地区にあるお蕎麦屋さんです。倉敷へ行った日は雨が降っていてお腹も減っていたので、とりあえず目についたお蕎麦屋さんへ入りました。

 注文したのは、ザル蕎麦・・他に盛りそばもありました。海苔がのっているだけで、ザルは50円アップ。しばらくして出てきた蕎麦は・・・・・・・・・黒くてしっかりしているように感じましたが、、、食べてみると、、ウ-ンこれが蕎麦なら、私が今まで蕎麦だと思って食べてきたのはなんだったのか?今まで食べてきた蕎麦は、香りがあり、甘みもあり、腰の強さは色々だとしても、食べた後口の中に蕎麦の香りが残るもの、、でしたが、、今回の蕎麦はすべて逆。。香り・甘み・食感・食べた後の味わいなど、、蕎麦というにはおこがましい。正しくは、ゴアが作った人間モドキならぬ蕎麦もどき・・といってもいいかなと。

 近所のス-パ-の恩地蕎麦湯がいたほうが美味しいです。

 店名の最初の文字をまに変えたほうがよろしい。

|

« 今年最後の練習 | トップページ | 旧年が暮れて、新年です。 »

近江の蕎麦屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超特別篇・○ずみの(倉敷):

« 今年最後の練習 | トップページ | 旧年が暮れて、新年です。 »