« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

番外編(福井県鯖江市・佐野蕎麦)

年明け初めて佐野蕎麦さんへお邪魔しました。雪もなく敦賀から比較的楽に鯖江まで行くことができました。

 午後3時過ぎに到着。一組先客がいらっしゃいました。

今回注文したのは、しおそばとおろしそば辛味噌四川風。マスタ-曰く、四川風は人気があるけど、しおそばとは正反対のタイプとのこと。どんなものか以前から興味はありましたる

まず、 しおそばから注文。相変わらずそばの持つ穀物の香りが口中に広がって、、美味しかったです。

次に 四川風のおろし蕎麦、、おろしのタレはピリッとしていますが、大根の風味や香りは損なわれておらず、意外とさっぱりしてます。しおそばは、しおがそばの風味を引き立ててくれますが、こちらはそばがタレのうまみを吸い込んで、タレの味とマッチしているような、感じです。夏の暑い時や逆に寒い時には、この四川風はイケます。独特の風味は忘れられません。 ただ猪口の底にだしの成分がたまりやすいので、箸でかき混ぜてから麺をつけたほうがいいと思います。

相変わらず美味しいそばでした。(中央・しおそば。右・ 四川風おろし。左・麺のアップ)

Dscn4131Dscn4129Dscn4130

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポ-クウインナ-

 今日の昼に、琵琶湖沿いの駐車場に車を停めて、日差しが強かったので窓を開けてお弁当食べてたら・・・ニャ-ンという声が聞こえました。何かいな?と思って外見ると、ぽっちゃりしたネコがこちらを向いて座っています。 ははぁ、こりゃなんか欲しいんやなと思って弁当に入っていたポ―クウインナー2本のうち一本を半分に割って与えると・・・美味しそうに食べました。そして又おねだりするので、残り半分をあげました。

 それも食べ終わるとまたおねだり・・残った一本の3分の一だけ私が食べて、残り三分のニは二つに割って猫にやりました。それもぺロッと食べて又何か欲しそうに ”ニャ-ン”

仕方がないのでご飯を少し地面に置いたのですが、少し匂いでから、、こんなもん食えるか という様子。弁当の中には、タマネギのいためたものしか残っておらず、、タマネギなど食べるわけないと思いながら、鼻先に突き出すと。。無視しよりました。

それから、ネコはもう要は済んだといわんばかりに、川のほうへ歩いていきました。

私は ネコのわがままで自分勝手なところが、、たまらなく可愛くて好きなんです。

だから誰にでも尻尾ふるイヌがアホに見えて仕方ありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初練習

今年の初吹きは1/8の暖かい日に琵琶湖沿いで約45分。久々でぜんぜん×。音はスカスカで伸びなし。音程も寒いために低め。リズム感なしと、3拍子揃った練習でした。

1/12は楽団の練習。少しでも1/8に吹いといてよかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟酒検定

http://www.niigata-sake.or.jp/tatsujin/what.html

この試験受けようかなと思ってます。テキストも頼みました。問題は、、新潟まで行く方法・・飛行機、JR、車、夜行バス、切り札の青春18切符。。とりあえず、テキスト読んでみて、、決定しよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢創庵

昨年と今年、私お勧め第一番の夢創庵さんへ行って蕎麦を食べました。

蕎麦粉を福井県大野産から地元で作られた信楽産の蕎麦粉へ変えられたようです。

私の感想ですが、、夢創庵さんの持ち味であった、蕎麦をかみ締めた時の蕎麦の香りと甘みが・・・・かなり薄くなっている。それだけならともかく、、出汁と蕎麦の相性がよくない。。。以前の蕎麦とはバッチリでしたけど、、今回は、、、、、、

今後、信楽産の蕎麦と相性のよい出汁は開発されるかも知れませんけど、、ご主人の蕎麦を打つ技術は変わっていないと思うので、、、、元の蕎麦粉(福井県大野産)に戻していただけたら・・とっても嬉しい・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旧年が暮れて、新年です。

今年もちょくちょく更新しますので、見ていただいている皆様、引き続き見てやってください。

仏角笛練習日記・・去年とそれほど変わりません。

近江の蕎麦屋・・まだまだ訪問していない店が多いのですが、、訪問して記事にする際のコメントに困ってしまう店があるので、それをどうしようかなぁ。。

近江の酒蔵巡り・・お酒を買って来て飲んだらすぐに感想を書かないと忘れてしまいますね。基本的には純米吟醸もしくは純米酒を飲むことにしてます。飲みすぎ注意です、。

今日の晩御飯・・ことしもチョボさんで美味しいものを頂きたい。

新ネタ・・現在考え中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »