« 新潟清酒達人検定 | トップページ | 特別篇・新潟清酒達人検定試験 »

2/16 地雷

所属する楽団の練習に参加。演奏会の曲として、指揮者(大江山の鬼)が編曲したメドレ-を初見で演奏。

が編曲したのは大概難しいのですが、今回はそれほどむずかしくないかなと思ったら、、

やはり、鬼です。 普通に編曲されたものは、険しい山道を重たい荷物をもって頂上まで歩く(かなりの練習を要する)・・・苦労して頂上へ着くと、とっても美しい景色が待っている。(とっても美しい音楽が完成)というタイプが殆どですか゛今回のは少し違っております。

今回のは、まず歩く前に地図やガイドブックで確認すると、、、

道は平坦です。道の周囲には美しい花や木々、小鳥のさえずり、そして真っ青な空と湖がある。 とっても歩きやすいし、目的地も近い。そんな景色なのですが、実際歩くと、、

いっぱい細かい虫が飛んでます。時々冷たい風が吹きます。ほんの一瞬、稲妻が走ります。、足元をよく見て気をつけないと、、そこかしこに地雷が隠されいる、踏んだら吹っ飛ばされる。。そんなタイプの編曲です。

編曲者様

お願いですから時々、お地蔵様もおいて下さい。

後半部分は鍵盤小鬼様が編曲したそうで、、これも大変そう。

|

« 新潟清酒達人検定 | トップページ | 特別篇・新潟清酒達人検定試験 »

仏角笛練習日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2/16 地雷:

« 新潟清酒達人検定 | トップページ | 特別篇・新潟清酒達人検定試験 »