« 番外編(福井県鯖江市・佐野蕎麦) | トップページ | ネコ »

滋賀県高島市・

久々の更新です。

 先日、生まれてから初めて体験する、**年目の誕生日 ということで、まず、午前中に仕事を済ませて、まず鯖江の佐野蕎麦さんで、しお蕎麦ともり蕎麦(初めて)を頂きました。

 しお蕎麦は相変わらず美味しくいただけました。もう少し水切りしてあったほうが香りが感じられたかも。でっ、もり蕎麦ですが、蕎麦は美味しく、出汁もキリッと締まっています。もり蕎麦なので麺を出汁に浸して食べるのですが、漬けすぎると出汁の勝ち、ほんの少しだけ漬けると、何のための出汁かわからず、半々にすると、その境目で蕎麦の味が急に出汁の味に変わるという不思議な現象が起こります。両方美味しいから、逆に殺しあうんでしょうか? 美人と美男が結婚したら、必ずしも美人もしくは美男が生まれるとは限らないのとおんなじかも。

 夜に飲むお酒を買おうと、高島市にある上原酒造さんへ。

軒下には杉玉が吊り下げられています。店へ入ると美人の店員さんが相手をしてくれました。やはり、どうも、緊張しますね。購入したのは不老泉山廃純米吟醸生原酒です。

斜めに写ってますが、ご愛嬌ということで。 

104_009

104_011104_012

味は一言でいうと、、力強いです。サラサラして、飲みやすいのとはまったく逆(飲みにくいわけではない。)

お酒飲んでるなぁって感じですね。口に含んだ時はそれほど抵抗感はないですが、飲み干した後に、カ゜゛゛ツ-ンと来ます。いつまでも余韻が残ります。

先日購入した お燗計を使って 人肌燗(40度)で飲むと、色々な味を感じますが、44度ぐらいで飲むと、きりっと引き締まっているものの、まろやかな風味が感じられるようになります。

たかね錦を使った酒もあるそうなので、今度はそれを試してみよう。

|

« 番外編(福井県鯖江市・佐野蕎麦) | トップページ | ネコ »

近江の蔵元探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 滋賀県高島市・:

« 番外編(福井県鯖江市・佐野蕎麦) | トップページ | ネコ »