« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

特別篇 新潟清酒達人検定試験

 本日は合格発表日です。ホ-ムペ-ジに合格者の番号が発表されています。

 しかしまあ、合格率の高いこと、、殆ど合格です。来年はかなり難易度が上がるような気がします。

私の結果について興味のある方は 上記HPで101034を探してください。

合格祝いに、、やっぱり新潟の酒飲まなきゃねぇ。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特別篇・新潟清酒達人検定試験④

 魚市場で買い物。塩引き鮭を購入し、新潟駅へ。着いたのが1時過ぎ。予定では夜22時発のバスか、23時発の夜行にのる予定でしたが、それまでの時間を潰す元気もなく、、

とりあえず、駅近くの蕎麦屋さんで食事。。おいしかったです。104_030 104_031

予定変更、、15時30分頃の金沢行き特急北越と、金沢から雷鳥に乗って6時間かかって京都に到着いたしました。

車窓から見える新潟の景色は、越後平野と言うだけあってきれいな平野が見えました。

来年は銀の達人試験。。その前にこの銅の達人・・合格するかなぁ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特別篇・新潟清酒達人検定試験③

 3/16は新潟清酒達人検定試験銅の達人の試験日。前日酒を飲んで寝たものの、午前6時頃には目を覚まし、テキストを読んで一旦風呂へ入って、コンビニいっておにぎりと新聞を購入。新潟は関東圏なので巨人の記事がたくさん出ておりました。(関西では阪神一色で、阪神以外にプロ球団は存在しない)というような事が多いのですが、他球団も存在することがよくわかりました。

 9時頃にホテルを出て、バスに乗って試験会場の朱鷺メッセへ。104_025 104_026

バスの中でもテキスト読んでる人を見かけました。試験会場にはいり、受付をすませて各部屋へ。受験番号の書かれている席に座る。すでに試験問題がおいてあり、注意書き(試験開始まで開かないでください)

新潟の人は偉い・・関西なら絶対こっそり見る奴おるのに と思いました。104_004 104_009

10時30分に試験開始。11時20分過ぎには退出できました。試験は100問中70問正解で合格・・ということは、30問は間違えられるわけでして。。比較的楽でした。

試験後、再度新潟酒の陣へ、、この日は日曜ということもあり、黒山の人だかり104_027

少し酒を試飲して、向いにある万代魚センタ-へお土産を買いにいきました。104_028 104_029_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特別篇・新潟清酒達人検定試験

前回の続きです。

試飲会場へ入ると、酒蔵がずらっ、、どこから行ったらいいものやら、、でもウロウロするのも勿体無いし・・・ということで目に付いた蔵から順番に回りました。チョコに少し入れてくれます。

「どれがいいですか」

と聞かれたら、純米、純米吟醸なんかを主に飲んでました。104_014会場内写真です。 104_019 104_018_2 104_010 104_012             

お酒は試飲放題ですが、つまみはというと、、食べ物のブ-スがあり寿司やらナンバンエビやらへぎ蕎麦、テンプラなど色々売られています。私は蕎麦とえびを食べました。えびは泳いでいるのを自分で網ですくって容器に入れます。104_016

(南蛮えびの写真です。)

10時から1時ごろまでウロウロするとさすがに酔いが回りました。

地元の方々はさすがよくご存知・・各蔵元が酒を売っているのですが、それを買ってテ-ブルに座って宴会を開始する方が多くて、、そうか、こんなやり方もあるんだ と感心しました。

この朱鷺メッセの前の道路を挟んだところに魚市場があります。ここでつまみとする魚を買って、会場で酒のみながら食べるのも又一興 というか お勧めです。

会場内で福井県警が飲酒運転体験のブ-ス(運転をシュミレ-ト)があります。ゲ-ムセンタ-にある、車の運転ゲ-ムとよく似たものがあり、それに座って運転開始。道路を走行していると画面内に人が飛び出します。それが大人の時は、アクセルをはずすだけ。子供の時はブレ-キをかけるという操作をして、反応時間が自動的に計測されます。104_017

警察官から

「どれぐらい飲んでますか?」

といわれたので、

「 少し」 というと、

「みんなそう言います」

との事。

結果はやはり、、通常よりも遅い反応結果がでていました。飲酒は危険ですなぁ。。

結局2時過ぎにフラフラで会場を出て、バスに乗って駅へもどり、少し早かったのですが、ホテルにチェックイン。。部屋に入ってしばらくして寝てしまいました。

夜、、風呂に入ってから、テキスト読んで食事へ。。

迷った挙句入った店で、、日本酒を頂きました。ぬる燗というのはあまり好きではなかったのですが、さすが新潟・・ぬる燗のお酒、、とっても美味しかったです。104_022 104_023 104_020 104_021

左から、鰊の姿焼きと食べた後の様子。

佐渡イカの一本漬け、酒のメニュ-です。

イカはとっても美味しい。。

9時半頃まで飲んで、、ホテルに戻りました。

明日は試験・・大丈夫かなぁ・・二日酔い・・と思いながら 寝てしまいました。

 

                                 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特別篇・新潟清酒達人検定試験

 久しぶりの更新です。ここ一ヶ月、新潟清酒達人検定の勉強をしておりまして、、それを大義名分に近江の酒ではなく、新潟の酒を飲んでおりました。

その検定試験が3/16日、新潟の朱鷺メッセで行われまして、受験してきました。

3/14日の夜、夜行バスで新潟へ・・・もう、夜行バスは無茶苦茶疲れたです。慣れてないからよく寝られなかった。。到着は朝6時半・・何にもすることがありません。

朝の新潟駅です。

104_003

とりあえずコインロッカ-に荷物を預けて駅の待合室で仮眠。それからふらっと電車に乗って近くの駅までいったりして暇つぶし。9時ごろに新潟駅で朝食食べて、、バス乗り場へ行くと、10時から開催予定の新潟酒の陣の場所へ行くバスがあったので、それに乗り込みました。

 新潟酒の陣というのは、新潟県内の酒蔵が一堂に会す清酒の祭典 だそうです。パンフレットには、各蔵元自慢の清酒が自由に試飲できる ということで。検定試験受験者は2日間有効の一般1000円のチケット代が500円になります。

バスで約10分、バス料金200円、以下朱鷺メッセの写真です。104_006 104_007

受付を済ませた後、開場まで列にならびました。この時点でかなりの人数。酒の陣が始まる10時にはおそらく地元の太鼓奏者?の方々が威勢良く太鼓を叩きはじめます104_008_2 104_005_2

10時になると全員会場内へ入ります。会場内でチケットをみせて、案内と御猪口がもらえます。(先着1万名)このおチョコを持って各酒蔵のブ-スへ行き、試飲をさせてもらいます。104_011

以下、次回へ続く。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »