« 特別篇  蕎麦 喜撰坊 | トップページ | xw< »

宇宙戦艦ヤマト

本日の練習は宇宙戦艦ヤマトの交響組曲番。10950日ほど前に吹いたことがある・・とはいっても、今回のは以前の交響組曲を編曲した方の息子さんが再編曲したもの・・

楽団の中でリアルタイムでヤマトを見ていたのは、、昨日の練習に来ていたメンバ-のうち、3人ぐらいかなぁ。ヤマトは初回の放送では視聴率が全く上がらず、1年間放映予定のものが、半年で打ち切りとなったというエピソ-ドもあるぐらい、最初はボロボロだった。

しかし、再放送するたびに人気があがり、、ついには映画化。ちなみに映画を見に行った私の友人が、テレビではヤマトが初のワ-プ航法を行う際、森雪がヌ-ドになるシ-ンが映画ではなかったと、怒っていたのを思い出します。

ヤマト第二段のさらば宇宙戦艦ヤマト でやめときゃよかったものを、お金に目がくらんだ連中が続編(ヤマトよ永久に等)を無理やり作った。続編は完全なる駄作だと私は思っております。

 しかし、えげつないこと要求しよる。 仏角笛パ-ト大変です。このままではヤマト発進できません。

第一楽章の出だし、、木管群がきれいな響きで宇宙空間の広がりや星の光を表現している時に、希望と不安に満ちて、宇宙に飛び出すヤマトをイメ-ジしたようなアルトサックスの美しい響き。ピタッとはまるととても美しい。昨日の初回の演奏はそんな感じでした。あんな風に吹かれると、同じフレ-ズを続いて吹く、仏角笛は大変です。緊張します。

|

« 特別篇  蕎麦 喜撰坊 | トップページ | xw< »

仏角笛練習日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙戦艦ヤマト:

« 特別篇  蕎麦 喜撰坊 | トップページ | xw< »