« 2008年5月 | トップページ | 2009年1月 »

番外編(枚方市)久々にすごい蕎麦

とある蕎麦屋さんに入りました。昼食の為です。自家製蕎麦という表示がありましたが、蕎麦だけでなく、丼物やうどんなんかもあるようです。

11時から14時までは、蕎麦の大盛りが普通盛と同じ価格となっています。

ざる蕎麦の大盛りを注文しました。・・山葵は自分で摩り下ろしてくださいということで、おろしがねがついてきます。

感想・・サ-ビスで普通盛を大盛りにするより、大盛りは普通盛より値段を安くするべきです。だって、あの蕎麦を大盛りにして食べるなんて、、すごいことですから。途中で何度残そうと思ったことか。。一番うまかったのが、突き出しの揚げ蕎麦と、次にうまかったのが、、薄い蕎麦湯でした。(ハズレ)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

番外編(京都府) 綾部市・そばの花

 今回は、京都府綾部市の そばの花 さん。国道27号線から左折して奥へ入っていきます。右側にアイスクリ-ムの旗が立っているので、それが目印です。古民家です。

Dscn6035Dscn6034

部屋の中の一部です。Dscn6039Dscn6038

   

メニュ-の一部です。これ以外に出し巻き、そばがきなどが書かれたものや、アイスクリ-ムの紹介もあります。Dscn6036 Dscn6042Dscn6040Dscn6041 Dscn6043

 

注文したのは、そばがき310円と790円のセイゴ(ニ八そば)。そばの甘みや味も感じられて、舌触りも良。量も十分。 大変コストパフォ-マンスに優れています。

そしてタップリの蕎麦湯。ご馳走様でした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特別篇 庄庵(三重県津市)

 12/7日、三重県津市、生粉打ち蕎麦処・庄庵さんにお邪魔しました。津市といっても奈良県との県境近くの、御杖道の駅の近くです。室生寺へ行った後行きました。

お店は完全予約制で一日限定2組です。奥さんとご主人二人で営業されています。店の入り口や店内の写真は、食べるのに夢中で撮影できませんでした。とりあえず、料理のみ。頂いたのは、ミニ蕎麦懐石です。

 。

最初は蕎麦せんべい? カリカリしてます。

  Dscn5927_2

アマゴの塩焼きです。奥さんが予約到着時間に合わせて、約1時間半かけてじっくり焼くそうです。柔らかくて頭まで食べられます。川魚の苦手な方でも、川魚特有の臭みがないので大丈夫です。 Dscn5928_2 Dscn5929_2 Dscn5930_2 Dscn5931_2

続いて蕎麦掻・・モチモチしてとっても美味しい。きれいな味です。テンプラは、自家製・肉厚のしいたけなど3品。豆腐と豆の煮たのもえぐみなく、美味しかった。

いよいよ、蕎麦登場。Dscn5934_2Dscn5933_2           更科蕎麦。真っ白な細い蕎麦です。食べるとなんともいえない瑞々しさと甘みを感じます。更科十割りは熱湯でないと繋がらない。とおっしゃってました。薬味にトロロ・ネギ・ゴマがついてきます。

続いて、田舎・細うち、太打ちの3種盛。まず田舎蕎麦を味わってから、細うち、太打ちと食べてください。とのこと。

  Dscn5936_2 Dscn5935_3                    一通り食べ終わると、、ご主人がお代わりどうですか?と・・。今までは全ての蕎麦は半人前ずつしか出していない。お代わりは1人前ずつ出します。一杯食べてくださいとのこと。太打ち・田舎をお代わりして、お腹一杯になりました。まだまだお代わりはあったみたいです。

蕎麦湯です。ご主人曰く、蕎麦屋で出てくる蕎麦湯は、最後にツユを入れて飲みますが、今まで蕎麦にツユをつけて塩分を取っているのに、最後に蕎麦湯でまた塩分を獲るというのは、良くないのでは。。ということで、重湯みたいな感じで、蕎麦の実を入れたやさしい飲み物として提供されているそうです。 Dscn5937_2 Dscn5938_2

最後のデサ-トは撮り損ねました。

ご主人が有名百貨店を定年退職後、何故か蕎麦の突然信州に修行に行かれて、、しばらくは身内やら友人達に蕎麦を打ったりしていたそうですが、これなら店ができるのでは・・と思い、この場所で古民家を買い取って、営業されているとのこと。奥さん曰く、田舎暮らしを楽しんでます。。。

野菜類は自家製、お茶も無農薬のお茶。健康に悪いものは出さない・・方針。

雑誌にでてから、お客さんが増えたそうです。

最後に・・これだけ食べて、、料金一人2800円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飛騨高山+富山 一人旅(第一回)

今年の九月、飛騨高山と富山へ一人旅、、えっ、目的ですか? 居酒屋巡りです。(きっぱり)

CSで太田和彦さんの居酒屋巡りシリ-ズというのがあり まして、そこへ出てくる居酒屋さんを巡るというのが、主旨です。

 京都駅で高山までの特急乗車券を購入、8時31分発の電車に乗り込みました。当日は大阪駅で事故があったらしく、在来線はダイヤと到着ホ-ムがめちゃめちゃ。いつもは特急しか停まらない1番線に、長浜行きの新快速や、敦賀行きの新快速が停まります。同じホ-ムにいた外人さんも、私と同じく高山へ行くようでしたが、在来線の電車が入ってくるのをみて、 コレハタカヤマイキデスカ?・・と聞くので、違います・・と答えました。そうですと答えたら、、日米問題に発展していたかもね。

Dscn5267

特急の車内表示

 

Dscn5269

高山駅前です。

さてどんな旅になったか。。次回のこのテ-マをお楽しみに・・って

| | コメント (0) | トラックバック (0)

番外編・・歌仙

 京都府北部の、丹後大宮町のはずれ・・大宮小町公園にあります。

開店11時半よりも早く着いたので、周辺を散策しました。とりあえずお店の写真です。

  Dscn5689Dscn5687

店の前に吊るし柿がありました。

開店したので中に入って、蕎麦を注文。メニュ-と蕎麦の写真をご覧ください。

Dscn5691Dscn5690 

蕎麦はかおり・食感とも上品。とてもおいしかった。ご主人と奥さんはまだお若い方でした。

連れが勝った蕎麦おはぎ?だったかなぁ。その写真もアップしときます。

Dscn5696Dscn5695 

店の名前は、蕎麦処・歌仙です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々に更新

いやぁ、なんやかやで更新サボってはや半年。しかしブログちゅうのは、、しばらく更新しないと再開するのがものすごく億劫になるというか、、なんというか。

また、ぼちぼち やっていきます。よろしくお願いします。

さて、再開第一回は、蕎麦屋さんです。更新していない間も色々な蕎麦屋さんを食べ歩いておりました。写真は撮ってないものもあるので、、、まあ、お許しを・・・・・ということで、再開第一回を飾る蕎麦屋さんは・・・・写真はありませんが、、ここしかありません。

福井県鯖江市本町、佐野蕎麦さん。  今まで何回か紹介してます。

遠いので月に一度ぐらいしかいけません。11月は一度も行けませんでした。それで、今月入って2回お邪魔しました。12/6と12/8です。12/6は、しお蕎麦・味噌トッピング+マスタ-のサ-ビスの梅。12/8はしお蕎麦とおろしゆずポン酢つゆ。いやぁ。。おろしゆずポン酢は美味しかったです。なんというか、とても爽やかなお味。蕎麦の味を引き立てるのがしお蕎麦なら、、おろし柚ポン酢は、、自分の存在を主張しながら、蕎麦の味も殺さずに、両者の個性を出す・・というような。美味しかったです。

佐野蕎麦さんのブログ見てると、マスタ-がFM放送でDJしているらしいです。放送が木曜日の昼・・ということは、・・その放送を聴こうとすると鯖江まで行かなければならないしかし、、佐野蕎麦さんは定休日ということで、食べられない。究極の選択の一つですね。

蕎麦というのは、やはり日によって出来が違うのでしょうね。12/6の蕎麦も美味しかったが、12/8の蕎麦は・・香り高く・・穀物の味と蕎麦の甘み最高でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

xw<

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2009年1月 »