« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

12月から3月まで。期間限定、幻の蕎麦

 先日敦賀から京都へ戻る途中、スキ―場の近くで、12月~3月までしか営業しない蕎麦屋さんがあるということで、、まぁ、幻の蕎麦ですねぇ。午後3時頃訪問しました。

店名は鴫野(しぎの)さんです。店に入って注文したのはざる蕎麦。 Dscn6265Dscn6266Dscn6270

写真みてなにかおかしいと思いませんか。ザル蕎麦なのにツユが・・。???。運んできたお姉さんが、蕎麦汁必要なら言って下さいね。 と言ったように聞こえたので、ひょっとするとここの蕎麦は、ツユなしで食べてもとっても美味しい蕎麦なのかも・・と思って、蕎麦だけつまんで食べてみましたが。。パサパサで・・

「そばつゆください」

とお願いしたら、・・蕎麦湯が出てきました。

蕎麦湯につけて食べろということかな と思いましたが、それにしては蕎麦湯薄いし、、もう一度お願いしたら、、テ-ブルの上をみて、あっ、忘れてた・・・

蕎麦ツユが出てきました。Dscn6271 ここまでは ご愛嬌です。いい思い出です。

それから、幻の蕎麦をタップリいただきました。

感想は、、細かいことはわかりませんが、ずっと幻のほうがいいのではないかと、、思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

韃靼人の踊り・・・・いえいえ、韃靼蕎麦のお話です。

場所は、精華町の、税金無駄遣い私の仕事館や、国立の国会図書館の近くです。

お店は、美山窯さん。元々ご主人が陶器を作っていらっしゃる方のようです。蕎麦は信州産の韃靼蕎麦粉につなぎの蕎麦粉を入れての十割蕎麦です。Dscn6309Dscn6308

 

蕎麦の大盛りを注文したら、、、、他の店の3倍はあると思われる量の、蕎麦が・・・・色は黒くて歯ごたえがあります。韃靼蕎麦、とても濃い味です。

なんともいえない独特の風味・・興味のある方は一度行ってみてください。

とにかく、お腹は膨れます。それと、ご主人も奥さんも蕎麦屋さんらいからぬ愛想の良さです。 Dscn6310Dscn6311

   

| | コメント (0) | トラックバック (1)

番外編  ×丹

Dscn6227 今回の蕎麦屋さんですが、、実は仕事で丹後半島に行きまして、、当然の如く歌仙さんで蕎麦を頂く予定でしたが、、タッチの差で営業終了。。

どうしょうかなと考えて、、以前から十割蕎麦を提供しているという、お店へお伺いしました。Dscn6219Dscn6222

  写真がぼけてますが、、色々メニュ―はあります。注文したのはざる蕎麦大盛り1300円。

蕎麦の写真です 

Dscn6224Dscn6223

Dscn6226Dscn6225

冷たい水でキリッと締められた蕎麦は、のど越しもよく、色も緑色をしていました。でっ、ツユにつけて食べてみました・・・・・・・・・・・

香り少なし。味感じられず。。ウ-ン、これ十割・・と思いながら、完食できました。食感は最高でした。

お勘定して、店の外へ出ると、、香り少なし、味感じられずの理由がわかりました。

Dscn6227_2

私がお伺いしたのは1月7日。製粉は1月3日ということで4日すぎています。その間に・・粉が劣化しのでしょうか。もしそうなら、、残念です。挽いた当日の蕎麦なら、、、あのそば切り状態からみて

大変美味しい蕎麦がいただけるのではないでしょうか。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

今年は多難?

昨日所属する楽団の練習に参加しました。最初は問題なかったのですが、、、しばらくすると、、第一ロ-タリ-の機嫌が悪くなり、、餌(オイル)をあげても・・・動かなくなりました。早速修理の手配です。。。貸していたハンスホイヤ-が戻ってきているようなので、、それを取り返して、、吹くことにします。

そういえば、、ヤマハのホルンも貸したまま・・久しぶりに吹いてみたい。。。でも、、ペンペラペンの音がなりそうです。

昨日ロ-タリ-が動かなくなった時、某サックス奏者が・・

「倍音一杯出るし、それ使ったら?」

との賜ってましたが

それが出来るなら、音程で苦労はいたしません。

悪いことは早めに処理できてよかったと思いましょう。。

本番前だとシャレにならんですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3連敗

去年の年末から今年にかけて新規の蕎麦屋さんを巡ってみました。

結果・・3連敗です。順に紹介いたしましょう。

 まず、昨年お伺いしました、香吟さんです。今までも何度か店の前を通ってましたが、、いつも駐車場は一杯。とても美味い蕎麦屋さんだろうなあ。。と思っていました。

 やっとお伺いすることができました。Dscn6078Dscn6075

駐車場と店の玄関です。店内に入ると蕎麦の説明書きがありました。

福島県産の蕎麦の挽きたてを直送していただいています

とのこと。期待できるかなぁ。。

蕎麦がでてきました。大盛りです。

Dscn6076 腰はしっかりしていました。でも、、蕎麦の香りと甘みがもう一つ、二つ、三つ。大変きれいな蕎麦ですか、、パンチにかける。上品な蕎麦をお好みの方にはいいんじゃないでしょうか。

やはり粉は自家製粉のほうが、、香りが感じられるのは? 挽いてから時間がたつと直送とはいえ、、やはり、、劣るのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年明けましておめでとうございます。

今年も残すところ362日になってしまいました。

残された日々、どれだけ更新できるかわかりませんが、なんとかやってみますので、よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »