« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

メトロノ-ムなら、合ってる。アンサンブルとしては???

先日の練習の際に言われたコメントです。

リズムの取りかたが、メトロノ-ム相手ならそれでいいが、アンサンブルという合奏形態の場合、それでは×。

メトロノ-ムは機械的にリズムを刻みます。アンサンブルは人間がするので、時にはテンポ溜めたり、一瞬の入り・息使いが曲想に応じて変化するので、常に神経を回りに配って、音をきいて瞬時に合わせる。

ということなんでしょうねぇ。

難しい・・という前に、11年ほど前は毎週こんな練習してたよなあ。。

と望郷の念にかられてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メトロノ-ムなら、合ってる。アンサンブルとしては???

先日の練習の際に言われたコメントです。

リズムの取りかたが、メトロノ-ム相手ならそれでいいが、アンサンブルという合奏形態の場合、それでは×。

メトロノ-ムは機械的にリズムを刻みます。アンサンブルは人間がするので、時にはテンポ溜めたり、一瞬の入り・息使いが曲想に応じて変化するので、常に神経を回りに配って、音をきいて瞬時に合わせる。

ということなんでしょうねぇ。

難しい・・という前に、11年ほど前は毎週こんな練習してたよなあ。。

と望郷の念にかられてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嫌がらせをしようと思ったが、業務を妨害する気はなかったBY教師

本日の新聞に載ってました。岡山県の養護学校の林 伸一教諭が、元妻の実家で、乳牛を金属バットで殴って、搾乳量を減らしたとして逮捕されたそうです。

タイトルの文は、その先生のコメントです。

さすが教師、すごいぞ教師。

これは朗報です。中学生・高校生のみなさんが、、、授業中に暴れたりいたずらした時・・こんなコメントができるようになります。先生に対して嫌がらせをしようとは思ったが、授業を妨害する気は無かった。

そういえば・・・通用するんでしょう?・・自分のことは棚に上げるのは、教師の特技、、18番、、特許、、ですから。こんなことしても、、教師なら通用するんでしょう。

教師ならクビにはならないのかな。

ちなみに企業の営業マンが、取引先に対して悪いことをしたとして、、

取引先に対して嫌がらせをしようとしたが、取引先との取引を妨害する気はなかった。

と言ったら、、 クビでしょうねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (10)

3倍は疲れた。

本日6/21は  乳の日・・・違う・・父の日です。

イル・マ-レの午後に練習へ行きまして、、音階の宝庫で好色閻魔にたっぷりと、、

久石譲3で、、またまた、たっぷりと。。

昨日の練習の3倍疲れた。音を合わす、音を聞く、タイミングを合わせるなど、、演奏の基本を普通に行うことがどれだけ大変か・・再認識いたしました。

個人練習で吹けても、周りの音を聞いてあわさないと・・×

いやぁ・・疲れた。。体力よりも神経が参りました。

ピッチがおかしいとか、リズムが狂ってるとか指示されるのは、、神経が参るといっても、、それは神経が張り詰めるだけで・・疲れたらごまかしたりして・・もう吹くのやんぺ、、と

ピッチは合わせるもの、リズムもまわりを聞いて合わせるもの。あわせるように吹いてくださいという指導は、、張り詰めている神経をより張り詰めさせる・・もう、、疲れます。ゲンナリ・・でも練習が終わるとなんともいえない・・心地よい虚脱感。。

練習したという満足感は・・何倍もありました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

根性が歪んでいるから、斜めになるんやBYアホ教師

昨日某お寺に行きました。お寺参りをすると、朱印帳なるものに、そのお寺のはんこと、墨で書かれた達筆のサインがもらえるというものです。

そのサインをかく方は、結構立派な位のお坊さんのようです。

筆で書くので、墨と硯が置かれています。その墨の形は・・

下の部分が平ではなく、斜めになっていました。具体的にいうと、長方形の端の部分を45度切り取ったような(余計わかりにくい?)

さてと、、私が小学生の頃に、習字の時間先生が教えてくれました。すった墨の下の面の形が平でないのは、根性が曲っているからだ と。。

するとあの高貴なお坊さんなど、根性曲りっぱなし。

タイムマシンがあれば、その教師を現場に連れてきて、そのお坊さんに対して

「根性歪んでる」

といってもらいたいものです。(絶対いわんだろうけど)

そういや、、校長先生の使っていた墨も、下の部分が変形していて、、

校長先生も根性曲ってるのか と思っていた記憶が甦りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々に更新。

6/13は所属する楽団の練習でした。

春の狂犬 猟犬は・・難しい。まず、指揮を見てないと必ず見失う。。基本は8分の6拍子ですが・・時々8分の9拍子が出てきて、、そこだけ指揮の降り方が変わるので、、そこで、、修正。 それて思い切って吹かないと、、間違ってるのか合ってるのかわからなくなる。。

某フル-ト奏者曰く。。。ホルンってかっこいいですねぇ。。
そりゃあんた、、ちゃんと吹けた場合です。外したら、、もっともみっともない。

アルト・サックス首席が指揮をしているので、、、サックスと同じフレ-ズは、その首席奏者にあわすことができない。。これも大変・・別の方だと違和感が。バリトンサックスは信頼できるものの、、、同じフレ-ズはないしなぁ。。

はずすことを恐れて逃げたら、、音が出なくなる。思いっきり吹き込んではずれたら、、指揮者からありがたいご指導を頂くことに。。

ほんとに楽器は難しい・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »