« 2009年7月 | トップページ | 2010年2月 »

日本酒はどこか女性と似ています。

タイトルみると なんじゃそりゃ という感じですが。

先日純米酒を買いました。価格はとっても安い。

早速栓を開けて、飲んでみました。美味しいのですが、どこか堅いというか花で言えば蕾。新鮮さはあるのですが、旨みはもうひとつ。

ところが、、栓をあけて冷蔵庫で1日置くと、、まろやかで優しく、少し旨みも出てきました。開けてからしばらくしたほうが美味しくなる。。。そりゃぁ10代の小娘よりも30代から上の女性のほうが・・・というのと同じでしょうか。

でも・・中には・・30代でも40代でも・・・栓があけられていない女性もいるでしょうから、、

こんなことかいたら、楽団の女性陣から・・ひんしゅく?

いやいや、同意のほうがおおいかも。

栓を開けて・・色んなものを感じたほうが・・美味しいということでしょうねぇ。

ただ、空けたまま、あまりほっとくと・・・酸味がきつくなりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とある場所で。。

といっても、行きつけの蕎麦屋さんですが、、

マスタ-から、どうしたらお客さんがくるかというような質問を受けました。

私は経営コンサルタントではないので、的確な答えはできませんでしたけど、、

蕎麦を食べてもう一度行きたいと思わせてくれる店というのは、

というお話をさせていただきました。

初めて行って・・蕎麦が不味いのは論外ですが、、美味しくてもそれだけで満足してしまう・・というのも・・再訪しない。逆に満足度90%だったら、次回は100%ではないか と思って訪問する。・・とか、他にない個性があるとか。

一度目が美味しくて、2度目の出来が悪かったら、、もう行かないとか。。色々ありますけど。

これらは蕎麦好きな人のお話で、、一般的に見ると、繁盛してる店は女性が好む・・女性をタ-ゲットにしているところが多いようです。

嵯峨 いしたにのマスタ-みたいにイケメンだからというのではなく、、女性が好む店の雰囲気・・・・清潔なのは当たり前ですが、、一輪差しの花がある。女性限定メニュ-がある。女性がお得と思うメニュ-がある。女性用のグッズがある。など。。

女性って、同性の友人に対して美味しかったお店の話をすると、その友人もその店へ行きたいと思うんですよね。ちなみに男性は、、美味しい店の話をすると、、そこよりも俺が行ってる店のほうが美味しいと、、対抗意識が出るようです。

 そして、、男性がこの店行こうと行っても、女性の気が進まなければ、なんやかんやと理由をつけて女性が断るのですが、女性がここ行きたいと言えば、よっぽどのことがない限り・・男性は断りません。

う-ん、こんなこと言っていいのかなぁ。気に障ったらごめんなさい。また、食べに行くから許してね。

女性からすると一人で入りにくい?そんなことは無いかもしれません。私の主観です。

入ったら、、、独身男性の部屋みたいで落ち着かないのでは。

調理している際の音が・・器具を荒っぽく扱うと、金属音が響いてとても耳障り。怒ってるのかなと思ったり(考えすぎでしょうけど)

思い切って衣装変えてみるとか。

男性が好む本だけではなく、女性が好きそうな本を置く・・・・具体的にはわかりませんが、本屋や図書館行って女性が立ち読みしてる本を調査してみるとわかるかも。

女性セブン系は、男性のPB系みたいなもんですから、省く。

メニュ-で、女性限定商品を作れば・・変わるかも。。

女性限定・・

××蕎麦+スイ-ツ。

女性限定・蕎麦+日本酒セット

女性専用割引券

など。。

えっ、男性用メニュ-?

そんなもん、、

曜日限定、午後4時以降、、蕎麦が残っている場合のみ可

ウルトラ蕎麦(5人前3000円・分けるの×)とか、10人前・15分で完食すればタダ、できなければ ウン千円とか。

この類は実現可・不可はともかく宣伝にはなるかも。

以上、、ど素人のたわごとです。お気になさらぬよう。。。

蕎麦屋の蕎麦が美味いのは当たり前。あとは、、その店を常に意識させる何かがあれば、、いいんでしょうけど。難しいですねぇ。。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

« 2009年7月 | トップページ | 2010年2月 »