3連敗

去年の年末から今年にかけて新規の蕎麦屋さんを巡ってみました。

結果・・3連敗です。順に紹介いたしましょう。

 まず、昨年お伺いしました、香吟さんです。今までも何度か店の前を通ってましたが、、いつも駐車場は一杯。とても美味い蕎麦屋さんだろうなあ。。と思っていました。

 やっとお伺いすることができました。Dscn6078Dscn6075

駐車場と店の玄関です。店内に入ると蕎麦の説明書きがありました。

福島県産の蕎麦の挽きたてを直送していただいています

とのこと。期待できるかなぁ。。

蕎麦がでてきました。大盛りです。

Dscn6076 腰はしっかりしていました。でも、、蕎麦の香りと甘みがもう一つ、二つ、三つ。大変きれいな蕎麦ですか、、パンチにかける。上品な蕎麦をお好みの方にはいいんじゃないでしょうか。

やはり粉は自家製粉のほうが、、香りが感じられるのは? 挽いてから時間がたつと直送とはいえ、、やはり、、劣るのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟清酒達人検定

合格証が届きました。これで来年は、銀の達人の試験を受けにいくことができます。

ということは、、またまた新潟酒の陣に行って日本酒飲み放題・・・今から楽しみです。 

104_003

104_005

合格証の裏には、このカ-ドを悪用すると認定取り消しますってかかれてますけど・・悪用って、、何に使うんのかなぁ。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

特別篇・新潟清酒達人検定試験④

 魚市場で買い物。塩引き鮭を購入し、新潟駅へ。着いたのが1時過ぎ。予定では夜22時発のバスか、23時発の夜行にのる予定でしたが、それまでの時間を潰す元気もなく、、

とりあえず、駅近くの蕎麦屋さんで食事。。おいしかったです。104_030 104_031

予定変更、、15時30分頃の金沢行き特急北越と、金沢から雷鳥に乗って6時間かかって京都に到着いたしました。

車窓から見える新潟の景色は、越後平野と言うだけあってきれいな平野が見えました。

来年は銀の達人試験。。その前にこの銅の達人・・合格するかなぁ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特別篇・新潟清酒達人検定試験③

 3/16は新潟清酒達人検定試験銅の達人の試験日。前日酒を飲んで寝たものの、午前6時頃には目を覚まし、テキストを読んで一旦風呂へ入って、コンビニいっておにぎりと新聞を購入。新潟は関東圏なので巨人の記事がたくさん出ておりました。(関西では阪神一色で、阪神以外にプロ球団は存在しない)というような事が多いのですが、他球団も存在することがよくわかりました。

 9時頃にホテルを出て、バスに乗って試験会場の朱鷺メッセへ。104_025 104_026

バスの中でもテキスト読んでる人を見かけました。試験会場にはいり、受付をすませて各部屋へ。受験番号の書かれている席に座る。すでに試験問題がおいてあり、注意書き(試験開始まで開かないでください)

新潟の人は偉い・・関西なら絶対こっそり見る奴おるのに と思いました。104_004 104_009

10時30分に試験開始。11時20分過ぎには退出できました。試験は100問中70問正解で合格・・ということは、30問は間違えられるわけでして。。比較的楽でした。

試験後、再度新潟酒の陣へ、、この日は日曜ということもあり、黒山の人だかり104_027

少し酒を試飲して、向いにある万代魚センタ-へお土産を買いにいきました。104_028 104_029_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特別篇・新潟清酒達人検定試験

 久しぶりの更新です。ここ一ヶ月、新潟清酒達人検定の勉強をしておりまして、、それを大義名分に近江の酒ではなく、新潟の酒を飲んでおりました。

その検定試験が3/16日、新潟の朱鷺メッセで行われまして、受験してきました。

3/14日の夜、夜行バスで新潟へ・・・もう、夜行バスは無茶苦茶疲れたです。慣れてないからよく寝られなかった。。到着は朝6時半・・何にもすることがありません。

朝の新潟駅です。

104_003

とりあえずコインロッカ-に荷物を預けて駅の待合室で仮眠。それからふらっと電車に乗って近くの駅までいったりして暇つぶし。9時ごろに新潟駅で朝食食べて、、バス乗り場へ行くと、10時から開催予定の新潟酒の陣の場所へ行くバスがあったので、それに乗り込みました。

 新潟酒の陣というのは、新潟県内の酒蔵が一堂に会す清酒の祭典 だそうです。パンフレットには、各蔵元自慢の清酒が自由に試飲できる ということで。検定試験受験者は2日間有効の一般1000円のチケット代が500円になります。

バスで約10分、バス料金200円、以下朱鷺メッセの写真です。104_006 104_007

受付を済ませた後、開場まで列にならびました。この時点でかなりの人数。酒の陣が始まる10時にはおそらく地元の太鼓奏者?の方々が威勢良く太鼓を叩きはじめます104_008_2 104_005_2

10時になると全員会場内へ入ります。会場内でチケットをみせて、案内と御猪口がもらえます。(先着1万名)このおチョコを持って各酒蔵のブ-スへ行き、試飲をさせてもらいます。104_011

以下、次回へ続く。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟清酒達人検定

先日受験料の3150円を振り込みました。試験日は3/16日。場所は勿論新潟県。試験は朝10時半開始だから、前日から新潟に泊り込みです。前日から泊まりということは気をつけないと試験当日二日酔いという恐れが。

でっ、試験終わってからすぐに戻るのももったいないし。金沢か富山まで移動してもう一つ泊まってくるかなぁ。。それよりも、、勉強しなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

滋賀県高島市・

久々の更新です。

 先日、生まれてから初めて体験する、**年目の誕生日 ということで、まず、午前中に仕事を済ませて、まず鯖江の佐野蕎麦さんで、しお蕎麦ともり蕎麦(初めて)を頂きました。

 しお蕎麦は相変わらず美味しくいただけました。もう少し水切りしてあったほうが香りが感じられたかも。でっ、もり蕎麦ですが、蕎麦は美味しく、出汁もキリッと締まっています。もり蕎麦なので麺を出汁に浸して食べるのですが、漬けすぎると出汁の勝ち、ほんの少しだけ漬けると、何のための出汁かわからず、半々にすると、その境目で蕎麦の味が急に出汁の味に変わるという不思議な現象が起こります。両方美味しいから、逆に殺しあうんでしょうか? 美人と美男が結婚したら、必ずしも美人もしくは美男が生まれるとは限らないのとおんなじかも。

 夜に飲むお酒を買おうと、高島市にある上原酒造さんへ。

軒下には杉玉が吊り下げられています。店へ入ると美人の店員さんが相手をしてくれました。やはり、どうも、緊張しますね。購入したのは不老泉山廃純米吟醸生原酒です。

斜めに写ってますが、ご愛嬌ということで。 

104_009

104_011104_012

味は一言でいうと、、力強いです。サラサラして、飲みやすいのとはまったく逆(飲みにくいわけではない。)

お酒飲んでるなぁって感じですね。口に含んだ時はそれほど抵抗感はないですが、飲み干した後に、カ゜゛゛ツ-ンと来ます。いつまでも余韻が残ります。

先日購入した お燗計を使って 人肌燗(40度)で飲むと、色々な味を感じますが、44度ぐらいで飲むと、きりっと引き締まっているものの、まろやかな風味が感じられるようになります。

たかね錦を使った酒もあるそうなので、今度はそれを試してみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟酒検定

http://www.niigata-sake.or.jp/tatsujin/what.html

この試験受けようかなと思ってます。テキストも頼みました。問題は、、新潟まで行く方法・・飛行機、JR、車、夜行バス、切り札の青春18切符。。とりあえず、テキスト読んでみて、、決定しよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山路酒造・北国街道

滋賀県の端っこ、湖北の木ノ本町にある山路酒造さんです。場所は以前紹介した富田酒造さんの近く・・富田酒造さんへは、JRの踏み切りを越えて突き当たりを右ですが、山路酒造さんは左へ曲がります。旧街道へ入ると、、右側に見えます。1213_001 1213_002

店に入ると年配の女将さんが出てきて、カウンタ-においてあったのは濁り酒と仕込んだばかりの新酒、それから純米吟醸しほりたて。 純米酒ともうひとつ上のクラスの純米吟醸。新酒と濁り酒はアル添酒だから却下、残った3種類のうち、クラスが上の純米吟醸は値段が想定外のため外れて、、最終的に冷やで飲むとうまい、要冷蔵と書かれている純米吟醸の北国街道というお酒に。。女将さん曰く、、熟成されていない若々しい味がお好きなら、この純米吟醸がお勧めらしい。私は最近はお酒を飲む際の温度を気にするので、、なにも気にせず冷やで飲めるほうが楽というのが、この酒を買った理由のひとつです。1216_011 1216_013 1216_012 1216_016

2日間ほど冷蔵庫で冷やして、、頂きました。味は・・一言で言うと 濃い です。キリッと漂う酒の香り、と 舌に乗せるとジ-ンというかド-ンとくる重厚な旨みを感じました。栓を開けて翌日飲むと、慣れてしまったのか重厚さは残るものの。大変飲みやすいお酒になっていました。

冷やで濃いのが飲みたいという方にはお勧めです。私も気に入りました。

☆☆☆★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福井弥平商店 荻の露吟醸純米

滋賀県の湖西、国道161号線を北に向かい、途中で左折してJR高島駅へ向います。駅からまた伸びている旧道沿いに、この福井弥平商店さんはあります。店構えは木造で風情を感じます。店舗の撮影はしたつもりでしたが、画像がみつかりません。。

店に入って女性の店員さんとお話して、、純米酒は3種類、その中で人気のあるといわれるお酒を購入しました。1211_044 1211_046 1211_045

室温かぬるい燗で飲んでください。冷やす場合はあまりキンキンに冷やさないように、、とのことでした。

でっ、少し冷やして飲んだのですが、あまり香りがしないなぁ。、、少し燗すると、、なんか味が物足りないなぁ、と思ったのですが、翌日飲んでみると、、、舌にのせた瞬間は特になにも感じないのですが、飲み込んだ後口の中にキリッとしたコクと、お酒のいい香りが鼻腔をくすぐります。そして後口はさわやか、、おいしかったです。

 初日なにも感じなかったのは、、ウ-ン、、体調でしょうか。

☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧